home

イベント情報

過去のイベント記録


  • 広島県立広島中央特別支援学校文化祭(終了)
  • 日時 平成22(2010)年11月7日(日曜日)10時~14時
    場所 広島県立広島中央特別支援学校(広島市東区戸坂千足二丁目1番4号)
    内容 インターネット接続パソコンやNVDAなど関連ソフトの展示・説明
    参加者 8名
    文化祭プログラムと川柳集 
    川柳については広島県立広島中央特別支援学校のホームページの「パソコンクラブ」を参照下さい
    文化祭プログラムと川柳集の写真 プログラムへの掲載ページの写真

    展示会場内風景
    展示会場入り口の様子の写真 展示会場内風景の写真

    来場された秋葉広島市長に展示品などの説明を行いました
    秋葉広島市長来場会場内の写真 秋葉広島市長とVIC会長の写真 秋葉広島市長と皆さんの写真 NVDAの説明1の写真 NVDAの説明2の写真 ドットビューアーの説明1の写真 ドットビューアーとスキャナーの説明の写真 秋葉広島市長に視覚障害者の使う漢字辞書の有効性を説明の写真 秋葉広島市長に視覚障害者の使う漢字辞書の有効性を説明の写真2

    展示機器 ドットビューアー CANONスキャナー
    ドットビューアーの写真 スキャナー操作の写真 CANONスキャナーの写真


  • 社団法人広島市視覚障害者福祉協会講習会(終了)
  • テーマ 初歩のインターネット
    日程 講習日・場所
    7月25日(日) 光町心身障害者福祉センター 3階 和室
    8月1日(日) 千田町 社会福祉センター 1階 研修室
    8月8日(日) 光町 心身障害者福祉センター 3階 講習室
    講習時間
    午前の部 10時~12時、午後の部 13時~15時
    パソコン相談会 15時~16時
    講習時間 一人2時間 講習生 午前3名 午後3名
    講師 広島市視覚障害者情報支援センター
    依頼内容 ネット環境、パソコン3台、講師 3名以上
     
  • 日本IBM 視覚障害者向け音声ガイド・字幕記述のための標準仕様の研究開発(終了)
  • 行事名 技術協力
    と き 22(2010)年3月14日(日) 09時30分から16時まで
    ところ 広島市社会福祉センター4階会議室(広島市中区千田町1-9-43)
    参加者 17名
    内容  動画への音声ガイド付加の有効性の確認と仕様検証、スクリプトエディタの改善点検討など。
     
    日本IBM研究協力風景 研究者の説明を聞く 日本IBM研究協力風景 音声ガイドを使って衣類を畳む
     
  • 広島市ボランティア情報センター利用者連絡会 学習会(終了)
  • 1.開催日時 平成22年3月7日(日)13時から15時30分
    2.会場 広島市社会福祉センター4階講習室(広島市中区千田町1-9-43)
    3.開催内容 VICも含めた6つの学習ブースを参加者が体験する
    音声パソコン体験者 53名、VIC参加者 6名。盛況でした。 
     
  • VIC創立10周年記念シンポジウム(終了)
  • 行事名 VIC創設10周年記念シンポジウム
    と き 21(2009)年12月6日(日) 13時30分から17時まで(13時から受付)
    ところ 広島国際会議場 地下2階 中会議室 コスモス
    広島市中区中島町1-5 (平和記念公園内)TEL 082-242-7777
    テーマ これからの視覚障害者のくらしと情報通信技術
    プログラム
    記念講演 13時40分
    演題:「障害力を信じよう」 世界の障害者と情報通信技術
    講師:ユーディット社長 関根 千佳 氏
    パネルディスカッション 14時50分
    テーマ:10年の歩みとこれからの情報支援活動
    パネリスト  
    上垣内 光恵 (ユーザ代表)
    松井 勝憲 (広島市障害福祉部障害者施策総合推進担当課長)
    岩崎 誠 (中国新聞社論説委員)
    志摩 撤郎 (広島市視覚障害者情報支援センター会長)  
    <コメンテータ>(敬称略)
    関根 千佳 (株式会社ユーディット代表取締役)  
    <コーディネータ>
    栗川 隆宏 (広島文化学園大学) :ボランティアやユーザ,行政代表など
    展示会 16時10分 “楽しむ”を支援する機器展示,点字カラオケなど
    終了 17時
    10周年記念シンポジュームパネルディスカッション模様パネラー右 10周年記念シンポジュームパネルディスカッション模様パネラー左 10周年記念シンポジュームパネルディスカッション模様会場1 10周年記念シンポジュームパネルディスカッション模様会場2 10周年記念シンポジュームパネルディスカッション模様会場3
  • 広島県立広島中央特別支援学校(旧広島県立盲学校文化祭)(終了) 
  • 日時 2009年11月15日(日曜日)集合10時
    場所 広島県立広島中央特別支援学校(広島市東区戸坂千足二丁目1番4号
    内容 インターネット接続パソコンや関連ソフトの文化祭に出展・説明
    参加者 8名
  • 広島市ボランティア情報センター利用者連絡会主催 「大交流会インマツダスタジアム」(終了)
  • 日時:平成21(2009)年9月23日(水・祝日)
    集合場所:広島市東区地域福祉センター3階大会議室(広島市東区東蟹屋町9-34 TEL:082-263-8443)
    集合時間:10時
    内容:マツダスタジアム周辺のバリアフリーチェックとカープ観戦及び各団体の交流
    ※カープ観戦は13時30分試合開始の広島対ヤクルト戦です。
    当会からの参加者2名

  • 社団法人広島市視覚障害者福祉協会講習会 「初歩のパソコンとネット検索」(終了)
  • この講習会は社団法人広島市視覚障害者福祉協会講習会の主催事業にVICが講師派遣と機器提供の協力をしたものです。
    講習内容
    windowsの基本操作。
    ネットリーダーを使ったネット検索
    講習日程と会場
    会場 広島市心身障害者福祉センター 3階 講習室
    所在地:〒732-0052 広島市東区光町二丁目1番5号 電話:082-261-2333(代表)      
    時間 パソコン講習会
    第1部 10時~12時 パソコン講習
    第2部 13時~15時 パソコン講習
    第3部 15時~16時 パソコン利用相談会
    7月26日(日)・8月2日(日)・9日(日)
    実施状況
    7月26日 午前 講習者3名 VIC会員参加 7名
    7月26日 午後 講習者3名 VIC会員参加 6名
    8月 2日 午前 講習者3名 VIC会員参加 9名
    8月 2日 午後 講習者3名 VIC会員参加 7名
    8月 9日 午前 講習者3名 VIC会員参加 5名
    8月 9日 午後 講習者1名 VIC会員参加 5名

  • 薬事法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令案に対する要望書の提出(終了)
  •  
    本会では「薬事法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令案」に関し
    厚生労働大臣に対し「大衆薬の通信販売の継続を求める要望書」を提出しました。

  • 安全・安心な暮らしのために2008年度学習会(終了)
  • ○日時 平成21年3月1日 (日) 13:00-16:00  
    ○場所 広島市中区千田町一丁目9-43 広島市社会福祉センター  
    ○参加者 3名
    以下の報告はは利用連ニュース ボラブ42号からの転載です。
     
    ○安全・安心な暮らしのために2008年度学習会報告
    3月1日(日)午後、今年度の学習会を広島市社会福祉センターで開催し、21団体から54名の方々のご参加をいただきました。
    昨年の「災害防止の最新情報」に続き、今回の学習会のテーマは、「安全・安心な暮らしのために」ということで、振り込め詐欺などの悪質商法や契約トラブルを防ぐため、専門家からのアドバイスをいただき、それをもとに3グループに分かれて、意見交換を行ないました。
    講演1 振り込め詐欺等悪質商法の手口や防止方法について
    講師:広島県警察本部生活安全企画課 減らそう犯罪情報官 むねすぎ たかしさん
    *平成20年1年間の広島県内での振り込め詐欺被害は、449件・約五億三千百万円に上る。これは、一日当たり1.2件・百四十五万円の被害が発生した計算になる。
    *「自分は絶対に騙されない自信がある」という人ほど、振り込め詐欺の被害に遭うケースが、実は最も多い。
    *振り込め詐欺の種類~なりすまし詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺の4種類である。
     
    *なりすまし詐欺とは
    まず1回目の電話がかかってくる。
    ①電話による最初の声かけ~「もしもし、おれ○○(息子の名前)だけど・・」
    ②連絡先の電話番号の変更~「携帯の番号が変わったからメモしておいて」
    ③声が違うことについての言い訳~「昨日風邪をひいた」「今、病院にいるんだけど・・」
    次いで2回目の電話がかかってくる。
    ④振り込みの口実~「株取引に失敗した」「不倫相手に子供ができた」など
    ⑤振込みを急がせる・慌てさせる~「今日中に支払わないと大変なことになる」
     
    *架空請求詐欺とは
    不特定多数の人に郵便・インターネットメールなどを利用して、架空の事実を口実に
    料金を請求する文書やメールなどを送りつけ、金銭を振り込ませるもの。
    この文書やメールには、請求金額を記入していないところが「ミソ」であり、記載してある電話番号に電話させることが狙いである。
    →絶対に電話をしてはいけない。
     
    *融資保証金詐欺とは
    融資するとの文書を送り付け(ダイレクトメールが多い、低い金利などの有利な条件を宣伝する)、保証金などとして金銭を振り込ませるか、郵便などで送らせる。そして実際には融資しない。
     
    *還付金等詐欺とは
    公的機関を名乗って(社会保険事務所が最も多い)電話をかける、「医療費の還付金があるから振り込む」「自宅近くのATMで受け取れます」などと、スーパーなどの無人ATMコーナーに行かせる、機械の操作に不慣れな被害者に、ATMの操作を携帯電話で矢継ぎ早に指示する、被害者が気付かないうちに犯人が準備した□座に振込手続きをさせる。
     
    *振り込め詐欺の被害に遭わないためには
    ①『ひとごとだから』との意識をなくする~自分も騙されるかもしれないと思うこと
    ②振り込め詐欺の手口を知る~中途半端な知識では不十分である
    ③家族や友人・警察(相談番号は#9110)などに相談する~自分一人で判断しない
    ④被害に遭ってしまったらすぐに手を打つ~警察に110番通報する
     
    *みんなが騙されなくなったら、振り込め詐欺という犯罪は成立しなくなる。
    振り込め詐欺は根絶できる犯罪である。
     
    講演2 訪問販売や契約トラブルの相談事例の発表
    講師:広島市市民局消費生活センターしゅかん なかがわ ひろしさん
    *訪問販売や契約のトラブルに当たっては、まずその手口を知っておくことが大切である。
    一番目は、不意に訪ねてくる(電話がかかってくる)こと。
    二番目は、その日のうちに契約を迫ること。
    *スーパー等の近くで、無料で商品を進呈したり、低価格料金で商品が買えるなどと、巧みに声をかけ、近くの空き店舗・集会所・テント・会議室等の中に案内し、無料または低価格料金で商品を配布した上で、最後に高額な商品を勧め、契約させる商法(SF商法)が増える傾向にある。
    *消費者も、「無料でOOをあげる」などと誘われても、安易に相手の言うことに応じない強い意志を持つことが大切である。「ただ」ほど怖いものはない。
    *広島市消費生活センターは、紙屋町・バスセンターの8階にある。
    毎週火曜日と年末年始の休日以外は、毎日相談に応じている。
    広島市消費生活センター
    〒730-0011 広島市中区基町6-27
    アクア広島センター街8階
    電話:082-225-3300
    開館時間:10時から19時
     
    *最近は多重債務の相談が多く、リフォーム、健康食品、マルチ商法(円天、ワールド・オーシャン・ファーム(海老養殖)、近未来通信など)といったような新しいタイプの事例も多くなっている。
    マルチ商法は、最初は一定の配当が入ってくるが、そのうちに途切れ、そして最後は、会社自体がなくなってしまう。
    *こうした時に知っておきたいのが、クーリング・オフ制度である。
    消費者は、申し込み、または契約から一定の期間内であれば、クーリング・オフ制度により、理由を問わず無条件に、一方的に申し込みの撤回、または契約の解除ができる。
    訪問販売(キャッチセールス、アポイントメントセールスを含む)や電話勧誘販売のクーリング・オフ期間は、契約書面を受け取った日から8日間である。
    *クーリング・オフ制度で注意すべき点は・・
    ①テレビショッピングなどの通信販売や消耗品には、クーリング・オフ制度の適用はない。
    ②クーリング・オフ期間の8日間というのは発信主義である。相手方に到着することは必要ない。
    ただし、口頭での解約は効力がなく、必ず書面(特定記録郵便など)によること。
    ③書面(はがき)の記載例(事務局から追記に記載)
     
    次に、消費者啓発芸人の「ストッパー・カシワギ」さん(これは「世を忍ぶ仮の姿」で、実は、広島修道大学商学部商学科じゅん教授のかしわぎしんいちさん)が、架空請求詐欺をテーマにした「みとこうもん仕立て」の講談で会場をわかせました。
     
    グループ討議では、3人の講師の方々にもアドバイザーとして入っていただき、参加者自らの経験も交えながら、このような悪徳商法に騙されないためには、どのような対策や心構えが必要なのかなどについて意見交換をしました。
    意外だったのは、結構多くの方々が、こうした電話などがかかってきた経験を持っておられたこと。危険なシグナルが私達の身近に迫っていることを、改めて実感しました。
      ◇事務局から追記 クーリング・オフ書面の記載例 契約の解除通知 契約日 平成○○年○○月○○日 書面受領日 平成○○年○○月○○日 販売店名 ○○○ 商品名 △△△ 上記契約を解除しますので通知します。 なお、支払った○○○円はお返しください。 商品は早急にお引き取りください。 平成○○年○○月○○日 住所 氏名 印
     
    ・架空請求詐欺について、「はがきの場合には無視しておいて良いが、裁判所名で届く封書の場合には開封し、内容を確認する必要がある。」とストッパー・カシワギさんから教えていただきました。勝手に訴訟をおこされていた場合、無視したままだと「異議無し」と解釈されてしまう危険性があるからです。
    この場合、裁判所や警察へ相談しましょう。新手の詐欺が横行しています。
    ○障害のある人を、これらの悪質商法・契約トラブルから未然に防ぐ方法についても考えていかなければいけないですね。たとえば、「はい」しか言えない人など・・
    ○再確認 相手にしない 泣き寝入りをしない 一人で判断しない あいまいな返事をしない
  • インターネット講習会 (終了)
  • ○日時 平成20(2008)年11月30日 (日) 12:00-17:30  
    ○場所   
     日本アイ・ビー・エム 広島事業所   
     〒732 -0827  広島県広島市南区稲荷町 2-16広島稲荷町第一生命ビル  TEL 082-264-8350(番号案内)  
    ○テーマ 「ホームページをもっとわかりやすく!」  
     社団法人 広島市視覚障害者福祉協会 広島市視覚障害者情報支援センター共催  
    ○内容  
     視覚障害者と健常者が一緒に参加し、視覚障害者にわかりにくいホームページを一緒に直していく方法を実際に体験しながら学ぶ総勢60名参加の素晴らしい講習会でした。今後の展開には視覚障害者と健常者相互の連携が必須と感じました。  
    ○講師 浅川智恵子氏 他、日本IBM 東京基礎研究所 研究員  
    12:30 開会     
       挨拶 川本 正行 視障協 会長     
       挨拶および講師紹介 志摩撤郎 VIC 会長
    志摩会長挨拶写真 志摩会長挨拶
      
      講演 「ウェブアクセシビリティについて」 浅川智恵子氏
    浅川智恵子氏ご講演写真 浅川智恵子氏ご講演
        
    13:30-15:00 講習会(1)     
      わかりやすい、読みやすいホームページって、どんなのページ?     
    15:00-15:15 休憩     
    15:15-16:45 講習会(2)     
      わかりやすい、読みやすいホームページに直してみよう     
    16:45~ Q&A     
    17:30 閉会 

    参考URL
    ソーシャルアクセシビリティー
    http://socialaccessibility.alphaworks.ibm.com/ja/
     浅川智恵子氏
    http://www.trl.ibm.com/people/chie/index.htm
     IBM 東京基礎研究所ホームページ
    http://www.trl.ibm.com/extfront.htm



  • 平成20年度 社団法人広島市視覚障害者福祉協会主催 インターネット講習会 終了
  • 第1回 7月27日(日)午前は10時から12時まで,午後は13時から15時まで
    第2回 8月 3日(日)午前は10時から12時まで,午後は13時から15時まで
    第3回 8月24日(日)午前は10時から12時まで,午後は13時から15時まで
    講習会会場
    広島県立生涯学習センター3階 第4研究室
    広島市東区光町二丁目1-14 電話 082-262-9129
    内 容 初歩のインターネット体験とWindowsの基本操作
    パソコンに関する相談
    講習会風景1 講習会風景1
    講習会風景2 講習会風景2
    講習会風景3 講習会風景3


  • 広島市ボランティア情報センター利用者連絡会 学習会 終了
  • 日時 平成20年3月2日(日)13時から16時
    場所 広島市中区地域福祉センター5階 広島市中区大手町4-1-1 TEL 082-249-3114
    総勢67名、VICから6名参加、会長発表あり、短時間ではあったが有意義な会合だった。
    学習会受付風景 学習会受付風景
    VIC会長発表風景 VIC会長発表風景
    分科会後の発表 分科会後の発表


  • 広島県立広島中央特別支援学校(元の広島県立盲学校)の文化祭 終了
  • 平成19(2007)年11月11日 (日曜日)
    11時55分から13時45分まで文化祭出展。
    内容:インターネット体験デモ。
    主としてネットリーダーの紹介を行いました。
    VIC文化祭展示模様

  • H19年度 社団法人広島市視覚障害者福祉協会  「初歩のインターネット」講習会  終了
  • 8月5日(日)広島県立生涯学習センター 3階 製作実習室
    8月19日(日)広島県立生涯学習センター 3階 製作実習室
    8月26日(日)広島県立生涯学習センター 3階 製作実習室
    8月5日の講習会模様の写真を掲載しました。
    講習会模様1 講習会模様2 講習会模様3 講習会模様4 講習会模様5

  • H19年度 視覚障害者向けソフトウェアVDJWパソコン体験講習会 終了
  • 6月10日(日)広島県立生涯学習センター 3階 第5研修室
    6月17日(日)広島県立生涯学習センター 3階 第5研修室
    6月24日(日)広島県立生涯学習センター 3階 製作実習室
    7月8日(日)広島県立生涯学習センター 3階 第5研修室
    7月29日(日)広島県立生涯学習センター 3階 製作実習室

  • 平成18年度広島市ボランティア情報センター利用者連絡会大交流会  終了
  • 開催日時  平成18年11月23日(木・祝日)    
    開催内容  ちゅーぴーパークの見学と各団体の交流   

  • 広島県立盲学校文化祭 終了
  • 日時 (2006)11月3日(金曜、祝日)
    場所 広島県立盲学校(広島市東区戸坂千足二丁目1番4号 2階マッサージ室
    午後12時10分~2時20分 インターネットへ接続したパソコンのデモ展示とパソコン相談を行いました VIC参加 12名。
    相談、展示への訪問 8名でした。


  • (社)広島市視覚障害者福祉協会主催 パソコン講習会講師派遣(終了)
  • 本会から、講師派遣と機材貸出しを行いました。
    テーマ、初歩のインターネット
    会場、広島県立障害学習センター 、住所 広島県広島市東区光町2丁目1-14
    時間、午前10時から12時まで、午後1時から3時までの2回開催。
    講習開催日と部屋名  
    平成18年8月6日(日)、 3階、製作実習室(終了)
    平成18年8月20日(日)、3階、第1研修室(終了)
    平成18年8月27日(日)、3階、第4研修室(終了)
    (社)広島市視覚障害者福祉協会主催 第一回目(8月6日)パソコン講習会の開催模様
    8月6日のパソコン講習会は、5名の受講者に13名のボランティアが対応し、ワイワイガヤガヤと賑やかな中、無事終了しました。受講された皆さん、ボランティアの皆さん本当にお疲れ様でした。
    今年度の講習会は、前回とは少し異なり一名の受講者に複数の講師が対応できた結果、多くのボランティアの方が受講者の方と接することができました。また、パソコンや機器の設定、手引きや案内、お茶当番などのボランティアも大忙しでした。
    講習の内容は、初歩的なものからホームページリーダの「お気に入りへの登録」「検索」や、持込パソコンの設定など、やや高度なものも含まれました。
    講習会模様1 講習会模様2 講習会模様3 講習会模様4 講習会模様5

  • 広島県立盲学校文化祭参加 終了
  • 日時 平成17(2005)年11月13日(日曜)9時から15時
    場所 広島県立盲学校内(広島市戸坂千足二丁目1番4号)  
    展示会場 北校舎3階。
    インターネットへ接続したパソコンのデモ展示とパソコン相談を行いました VIC参加 12名。
    デモ展示への見学来訪約20名、パソコン相談5名でした。

  • 広島市視覚障害者福祉協会 パソコン講習会 終了
  • VICが講師派遣と機器貸出しに協力しました。
    講習の詳細 音声化ソフトを使った初歩のWindows操作講習と、ホームページリーダー3.02を使ったインターネットの体験講習。
    開催日・開催会場
    平成17年8月21日(日)9時~16時 広島市心身障害者福祉センター3階講習室 受講者 3名
    平成17年8月28日(日)9時~16時 広島市心身障害者福祉センター3階講習室 受講者 3名

  • 日本フィランソロピー協会主催の「音訳パーソナルサービス」体験講習会 終了
  • 平成17年3月6日(日)広島県立生涯学習センター3階 第5・6・7会議室
    主催 社団法人日本フィランソロピー協会
    http://www.philanthropy.or.jp/
    http://www.koetaba.net/6personal/6_index.html
    午前の部 10時~12時 午後の部 2時~4時
    午前2名、午後4名の体験者と見学2名の参加がありました。 

  • 盲学校文化祭 終了
  • 平成16(2004)年11月7日(日)
    開催会場 広島県盲学校 広島市東区戸坂千足二丁目1番4号
    参加内容 音声化ソフトウェアを用いたインターネット体験

  • 日本盲人会連合中国地区ブロック大会 終了
  • 平成16年8月29日・30日
    開催会場 福山市
    視覚障害者とIT利用についてのシンポジューム

  • 広島市ボランティア情報センター利用者連絡会 平成16年度利用連「秋を満喫!躍る大交流会」終了
  • 平成16年9月26日(日)

  • 平成16年度 視障協主催パソコン体験講習会
  • 平成16年8月22日(日)9時~16時 広島県立生涯学習センター 3階 制作実習室 終了
    平成16年8月29日(日)9時~16時 広島県立生涯学習センター 3階 制作実習室 終了
    平成16年9月5日(日)午前10時~午後3時 広島市心身障害者福祉センター 2階 第2・3会議室 終了
    平成16年9月19日(日)午前10時~午後3時 広島市心身障害者福祉センター 2階 第2・3会議室 終了
    平成16年9月23日(木)午前10時~午後3時 広島市心身障害者福祉センター 2階 第2・3会議室 終了

     
  • らくらくフォンの体験講習会 平成15年11月24日(日)の午後1時30分から。  終了
  • 盲学校文化祭に参加 平成15年11月9日、インターネット体験会を開催、なかなか好評なように感じられました。  終了
  • ものしりトーク説明会  平成15年10月5日 東区光町・広島県立生涯学習センター 終了 
  • 平成15年インターネット講習会 8月17日~9月14日 終了(主催 広島市視力障害者福祉協会情報システム部)  
  • 平成14年インターネット講習会 6月15日~7月20日 終了(主催 広島市視力障害者福祉協会青年部)
  • 平成13年インターネット講習会 6月29日~7月20日 終了(主催 広島市視力障害者福祉協会青年部)
  • 2002年インターネット講習会6月30日~9月1日 終了(主催 広島市視力障害者福祉協会青年部)
  • プレクストークの体験会 終了
  • 13年盲学校文化祭 終了
  • 講演会「コンピュータ/インターネットが拓く視覚障害者の新しい世界」 終了
  • インターネット講習会(高齢者・障害者福祉基金) 終了
  • 12年文化祭 終了
  • 12年インターネット講習会2000(広島市視力障害者福祉協会主催)終了




  • 13年盲学校文化祭 終了

    講演会「コンピュータ/インターネットが拓く視覚障害者の新しい世界」  終了

    ホームページリーダーの開発者、浅川智恵子さんの講演がありました。そのなかでウェブ・ページのトランス・コーディング技術の実演ありました。講演前に、視覚障害者十数名も講師から直接ホームページリーダーの説明を受ける時間がありました。また、ボランティアは手引きなどのお手伝いをしました。

    中国IBMユーザー研究会のページもご覧ください。

    インターネット講習会(高齢者・障害者福祉基金) 終了

    この事業は、社会福祉・医療事業団(高齢者・障害者福祉基金)の助成金の交付により行いました。

    (VIC主催)

    平成12(2000)年~13(2001)年

    12年文化祭 終了

    12年インターネット講習会2000(広島市視力障害者福祉協会主催)終了

     

    ボランティアフェスティバル 終了

    第2回広島ボランティアフェスティバル

    2000年4月16日(日) 午前10時00分~午後3時00分

    場所  広島「ハノーバー庭園」とその周辺(広島市中区基町)

    第2回ボランティアフェスティバルのテーマ
       きて みて ふれて ボランティア
    サブテーマ
      ~21世紀がみえてくる~

    VICは青少年センター2階で実演と募集をしました。

    ボランティアフェスティバルのページ

    com japan 1999

    1999年11月2日から4日間東京ビックサイトで、情報通信が拓く21世紀のビジネスとライフ、と銘打って行われるcom japan 1999へ出展。

    特別企画9アクセシビリティ&バリアフリー

    情報通信技術によるユニバーサルアクセスの支援を積極的に展開をはかるため、これらに関連する製品の紹介ならびに体験デモを行います。このコーナーへ広島市視覚障害者情報支援センターのテレホンサービスのシステムを展示しました。

    com japan 1999の概要