本文へジャンプ サイト内検索

これはミニWiki(タイトル・見出し検索)の結果です。

スクリーンリーダー「NVDA」サポート情報

VICではNVDAのサポートの準備をしています。6月の講習会のテーマにしました。

Non Visual Desktop Access NVDA は Windows を音声読み上げと点字出力で操作するためのソフトウェア(スクリーンリーダー)です。

スクリーンリーダー

PC-Talker

「Windowsがいろんなことをしゃべりだす...」

 

PC-Talker は、Windowsの操作を音声で案内するスクリーンリーダーです。

PC-Talkerをインストールするだけで、お使いのパソコンが「おしゃべりパソコン」に変身します。

パソコン操作支援ソフトとして幅広くご利用ください。

オープンソースなスクリーンリーダー

スクリーンリーダNVDA日本語化プロジェクト

オープンソースなWindows用スクリーンリーダであるNVDAを日本語化するプロジェクトです。

スクリーンリーダとは,パソコンを音声(点字)で利用するときに使用するソフトです。

NVDAは、Webアクセシビリティに関するガイドライン、JIS X 8341-3:2010に対応したコンテンツを作成したい人たちにとっても有益なツールです。また、音声や点字で出力している情報を、そのまま画面上のウインドウで確認することもできますので、ソフトウェア開発者の方が、スクリーンリーダへの対応状況を確認されるような場面でも使用できます。

 

NVDAはインストールなしでUSBメモリースティックや他の携帯型メディアによる実行が可能です。その他にもいろいろな特長があります。

 

日本語化プロジェクトでは IME の読み上げ対応や Open JTalk をベースとした独自の日本語音声合成エンジンの実装、点字ディスプレイ対応などを進めています。

スクリーンリーダNVDA日本語化プロジェクト

プロ用スクリーンリーダー

JAWS for Windows

JAWS for Windowsは、画面やウィンドウに表示された情報や入力した文字を読みあげるスクリーンリーダーです。Internet ExplorerやMicrosoft Officeなどの各種主要ソフトウェアに対応しているほか、強力なスクリプティング機能により、多くのアプリケーションの読み上げを実現しています。 JAWS for Windowsを使うことにより、Webページの読み上げ、文書の読み上げおよび作成のほか、さまざまな情報へのアクセスが可能になります。

はじめてのパソコン

スクリーンリーダーの機能

ここでは最新の「PC-Talker」(高知システム開発)という製品について説明します。それぞれに2~4個の機能キーを同時に押すことで次の説明のはたらきをします。

ウインドウ画面をガイドする機能

ウインドウ名読み・タスク一覧・タスク数読み・ステータスバー読み・メニューバー読み・タスク名読み・ツールバー読み・ウインドウ全文読み・ウインドウの仮想カーソル操作・レビューモード・音声ログの読み上げ・再読み・ピンディスプレイ出力

入力中に操作を支援するコマンド

1行読み・カーソルから行末読み・カーソル位置読み・行頭からカーソル手前読み・コード読み・識別読み・情報読み・点字符号読み・カーソル位置から全文読み

制御コマンド

デスクトップを開く・PC-Talkerメニュー・音声の停止/再開・PC-Talker終了・PC-Talker再起動・読み上げ音声中断

マウス操作支援

マウスポインタガイド・マウスポインタ自動移動・マウスボタンクリック・マウスポインタ位置ガイド・マウスポインタ移動・マウスポインタ高速移動・マウスポインタブロック移動・ホイルボタン操作・ウィンドウサイズ切換・タスクトレイ自動移動

クリップボード操作

クリップボード1行読み・クリップボードカーソル移動・端移動・クリップボード全文読み・クリップボード自動読み設定・タスク操作支援・直前の音声をクリップボードにコピー

日本語変換の音声ガイド

日本語変換時の読み方(設定)・日本語入力ライン1行読み・注目文節読み上げ(反転表示部分)・注目文節以降の読み上げ・確定時の読み方(設定)・国語辞典検索・国語辞典読み機能

その他の音声ガイド機能

バージョン情報・キー入力状態・時計読み・日付読み

基本(共通)の音声設定

音声ボリューム・音声スピードおよび音程(メイン・サブ・英語の各音声に設定可能)

なめらか読みの設定

上下カーソル行読み・数字位取り読み・句点括弧読み・改行の息継ぎ・記号読み・ネイティブ読み

その他の設定機能

男女音設定・サブ音声・操作案内方式の設定・コマンド代替キーの設定

はじめてのパソコン

Windowsパソコンとスクリーンリーダー

いま、ふつうに使われているパソコンはMicrosoft Windowsという基本機能(OS)をもったパソコンです。

Windowsパソコンは、一度にいくつもの仕事(タスク)をすることができます。それぞれのタスクを一つ一つの画面の窓(Window)に表示します。パソコンを使うユーザーは、一番手前の窓(Active window)と対話します。対話はキーボードからの入力によります。

対話を読み上げてくれるのがスクリーンリーダーで、Windowsパソコンを対象に作られています。それについて説明します。

スクリーンリーダー の検索結果は 7 件です。

制作著作 VIC システム部 1999-/ Powered by ek-MyWEB.com 2.0RC2